今までの英語の試験と違ったTOEIC

社内推進のTOEICの試験を受けました。

社会人になり、仕事柄、英語を使う機会も多く、TOEICのテストを受けるよう、かなり職場の影響もあり、英語を勉強するようになりました。グローバルな環境で働いているので資料なども英語ですし、電話も英語なのでやはり日常的に使っています。TOEICはスコアによって本人が持っている英語のレベルも分かりますし、とても会社では重視している部分です。そういうこともありTOEICの勉強には社内でも力を入れています。スクールへ通う時間がないので、eラーニングをすることにしました。昼休みや休憩時間を利用してeラーニングでしたら、ちょっとした隙間時間を利用して勉強ができるのでとても便利ですね。また電車内ではヒアリングを中心に英語を勉強しました。自宅でもeラーニングは受講できるので、休日は時間を決めて勉強することにしました。ちょっとした時間を活用してTOEICの勉強をしたお陰で、テストではスコアが大きく伸びましたね。TOEICの試験は社員全員受けるよう推進しています。

2014年7月14日 at 5:20 PM Comments (0)

今までの英語の試験と違ったTOEIC

TOEICの試験は今までの受験英語や英検とすごく違いを感じました。まず試験官の説明以外、問題の設問などはすべて英語ということで何も準備なしに受けると面食らうと思います。一番最初に受けたときはこれほど難しい試験はなかったと思うほど何もできなかったという感覚がありました。英語の実力も上げて、慣れてくると逆にそれほど高度ではないですが、訓練や英語そのもののリーディングやリスニングの慣れが必要だと感じます。英作文やスピーキングなどがないのでTOEIC用の対策というのも効果的だと思います。中級レベルのリーディングの訓練や、リスニングもTOEIC用にありがちな問題の数をこなすといいと思います。特にTOEICは聞きなおしができなく、問題も一回限りです。現実の英会話は分からなければ聞きなおすこともありますし、周りの状況で分かることもありますが音だけの判断なのでそういった問題に慣れるというのが高得点の早道だと思います。

2014年7月7日 at 10:11 PM Comments (0)

TOEIC対策で大事なのはやる気と学習時間

TOEFL 勉強法・TOEIC対策・慶応大学入試英語対策や留学サポートならリバティ
TOEIC対策として一番大事な事、それはやはりやる気の維持です。やる気を出して本気で頑張り続ければ、半年もあればだいぶスコアが伸びますが、いい加減な気持ちでだらだらと続けていたら3年あってもほとんど伸びなかったりします。

もちろん、いくらやる気があっても間違った学習書で勉強していたりすればなかなか力はつきませんから、正しいものを選ばなければいけません。
もちろん、短期間で一気にスコアをあげたいという時はTOEIC用の塾などに参加するのが効果的ですが、独学でも十分高得点は可能です。

私も頑張って学習を続けてきましたが最初のうちはなかなか伸びず悩んでいました。ですが、TOEIC用のオンライン学習プログラムを始めてからは一気にスコアが上がり始めました。しかも1日に3時間は最低でもやるようにしたのが良かったんだと思います。

英会話力が高いのもTOEICには役立ちますが、日常英会話ばかりできてもTOEICで高得点を得られるわけではありませんから、やはりTOEIC用の学習に特化する事も大切です。

2014年7月1日 at 7:20 PM Comments (0)